2010年12月29日

駐車時に負傷

おいすー 超久々の更新です。

ガダラの豚読んだけど、あれ何巻も続いてるんですね。困りました。一巻だけ読んで面白いとかつまらないとか言い切れないですね。ただ、二巻も読もうとは思えない。そんな感じ。

お次は「流星の絆」。幼い頃に両親を殺された三人の兄弟が復讐を誓って生きていくそんなお話。しかしその女の子が好きになったのは犯人の息子っていうなんとも言えない心が痛い展開。兄二人が末っ子の女の子を守ろうとする姿勢が泣ける。登場人物がみんないい人。
東野圭吾の作品だけあって、犯人はあっさり分かるけど・・・けど・・・そこからの話の広がりが面白いんだよなー。最後にどんでん返しもあるし、読む価値のある作品だと思う。俺はなんとなく結末読めちゃったけど。カァーッ!

最後にまたもや東野圭吾の「レイクサイド」。
四組の親子が参加した勉強合宿で起きた殺人事件。殺されたのは夫の愛人。子供を守る為と言って参加者の親全員で事件を隠蔽しようとするが・・・
流星の絆と違って登場人物が全員ゴミくず。と言いたい所だけど、自分の子ども守るためならこんなこともしちゃうのかなーとか思ってしまう。でもクズ。でも面白い。

本の感想はこんな感じ。実はもう昔のこと過ぎてほとんど覚えてない^^;
次は今年読んだ中で一番面白かった本の感想でも書こうかな。感想っていうか紹介かな。
それではまたー ( 'ω')ノ

PS.ゴールデンスランバーの映画見ました。泣きました。
posted by ton at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。